脱サラ「ビジネスポリシー」を磨いてゼロから稼ごう!

目安時間:約 5分

みなさん、こんにちは!

 

今日は私がビジネスマンとして大切にしている、

信条(ポリシー)をテーマにしたいと思います。

 

私はサラリーマン生活を15年間ほどしており、

都市銀行、公務員など、複数の組織に属してきました。

 

新たな部署に配属されたり、

新年度(4月1日)になると、

必ず仕事が与えられてきました。

 

その度に、上司や同僚の期待を上回るように、

朝早く会社に行ったり、残業したり、勉強したり、

自分なりに工夫をして取り組んできました。

 

管理職になってからは、

自分の成果も大切ですが、

自分が管理する一人一人が、

なるべく働きやすい環境を作るように心がけています。

 

余談ですが、

私は部下という言葉があまり好きではありません。

 

綺麗事かもしれませんが、

一緒に働くというイメージが持てないからです。

 

アメリカ人の友人にこの話をするために、

「部下」という単語を辞書で調べ、最初に出てきた「subordinate」使うと、

その友人は「軍隊か!?堅いよ(笑)」と笑われました。

 

英語では、

「assistant」や「member」などが使われます。

この方が一緒に働くイメージができて、私は好きです。

 

話を戻しますが、

役職は変われど、組織に属している限り、

組織の目指す方向に沿って、

自分の与らえた役割をこなすことは当然のことです。

だからこそ、組織が生活をも持ってくれます。

 

ただ、

2020年4月から副業で物販ビジネスを始めて、

気づいたことがあります。

個人事業主は、

誰かから与えられるミッションはなく

全て自分が考えなければなりません。

当たり前ですが・・・

 

そして、4月に売れたものが5月には売れなくなり、

5月に売れたものが6月に売れなくなる・・・など

同じことをやっていてはすぐに行き詰まってしまいます。

 

常に市場のニーズに沿って、

変化しなければいけません。

 

個人事業主の方からすれば、

「何を当たり前のことを言ってるんだ!」と、

怒られると思いますが、

サラリーマンしかやったことない私にとって、

すごく新鮮な経験でした。

 

最初は、

「そんなこと私にできるのだろうか・・・」と不安になりましたが、

「自分でリサーチをし、仮説を立てて、商品を売ってみる」、

これをとにかく続けていると、

そこそこモノが売れるようになってきました。

 

これは「快感」ですね笑

 

「快感」の感情には、

自分の中で色々な意味があるのですが、

 

中でも大きいのは、

「ゼロからお金を稼ぐことができたということです。

 

もちろん、物販ビジネスをするにあたって、

有料コンテンツを購入したり、

セミナーに参加したり、

個人的にアドバイスをもらったりはしました。

 

ただ、学んだことを実践するもしないも自分次第な状況で、

それを実践し、1円でも利益が出せたことは自分の中で大きかったです。

 

自分の人生に「主導権」を持つ感覚がありました。

 

この稼いだ1円を100円にするも、100万円にするのも自分次第

 

私はこの新しいチャレンジを、

不安ではなく、ポジティブに捉えることができました。

 

もうやるしかありませんね!

(自分に言い聞かせています笑)

 

個人事業主としては、まだ4ヶ月の経験したありませんが、

「常に人生に主導権を持って、変化し、チャレンジする」

がいまのビジネスポリシーです。

 

お読みいただきありがとうございます!

「家族」がビジネスを後押しする!?

目安時間:約 5分

みなさん

 

当たり前ですが、家族は大切ですよね!

私にっても、全てのモチベーション源泉です(^ ^)

 

先日、副業仲間と

「お金の増やし方」について意見交換をしている際、

こんな意見がありました。

 

「妻がオフショア保険に理解がなく、反対されている」

 

「旦那がローンを組むことに反対し、不動産投資ができない」

 

「両親が本業の支障が出るからと、副業に猛反対」

 

などなど

 

家族の生活を少しでも豊かにするために取り組もうとしているのに、

なかなか上手くいかないことも多いようです。。。

 

私の家族は、というと、

妻が以前、社長秘書をしていたということもあり、

 

いわゆる富裕層のお金の増やし方、

守り方を何となく理解しており、

 

海外の金融商品や、

国内外不動産投資などにあまり抵抗がなく、

反対されることがないので本当に助かっています笑

 

ただ、

脱サラについては、さすがに慎重ですね。

 

私は今にでも脱サラする気満々ですが、

家族を不安にさせてたくないので、

 

いま走らせている複数の副業収入が、

本業を大きく超えてから脱サラする予定です。

 

そもそも私が、

 

サラリーマンを卒業して、

個人事業主として活動しようと決めた(まだ実践できていませんが)

理由の一つに「子ども」の存在があります。

 

子どもが社会人になる前に、

自分一人で生活していくのに

 

最低限必要なマインドセット(考え方)や

マネーリテラシー(お金に関する知識)を、

身につけてもらいたいと強く思っています。

 

そのために、子どもには、

サラリーマンとしてだけではなく、

 

個人事業主としてのオヤジの背中を

ぜひ見て欲しいと思っています。

 

過去に人事関係の仕事をした際、

 

「父親から勧められたから御社を志望します。」

 

「両親が公務員だから私も公務員を志望しています。」

 

「親に言われたから留学してみました。」

 

などなど、学生の意見を多く聞くことができました。

 

子どもの進路にとって

親の影響は大きいと同時に、

 

自分自身で深く考えず、

盲目的に進路を決めてしまう悪影響があることもよく分かりました。

 

親は、子どもの決断を後押しすることも大切ですが、

その前に、無限の可能性を狭めることは決してしてはいけないと、

強く思いました。

 

例えば、いま子どもが「ユーチューバーになりたい!」

と言ったら、「ちょっと待って!」と私は言ってしまいそうです。

 

でも、私の子どもが社会人になる約20年後どころか、

今の情報発信ビジネスすら無知な私が、

子どもの「ユーチューバーになりたい!」を否定できるわけないですよね。

 

実際、個人事業主としてビジネス展開する際、

情報発信は必須だと考えて現在絶賛勉強中です!

 

子どもに対しては「ちょっと待って!」ではなく

「面白そうだね!どんな人が活躍しているか一緒に探してみよう!」

と言いたいと思います。

 

私にとって「家族」とは、

守るべき存在として全てのモチベーションを源泉

であるとともに、

自分を常に成長させてくれる存在です。

あなたの「友達」は副業や脱サラを応援してくれますか?

目安時間:約 4分

こんにちは

 

小学校の頃

「一年生になったら」という歌のなかに、

「ともだち100人できるかな?」

という歌詞がありました。

 

当時は100人作ろうと意気込んでしたね〜

クラスには30名しかいませんでしたが笑

 

今日のテーマは「友達」です。

 

人を「友達が多そう」とか

「友達が少なそう」と、

表現することがあると思いますが、

何を意味しているでしょうか?

 

「友達が少なそう」

は思いっきり悪口ですね笑

 

言った瞬間に友達関係が崩れそうです・・・

 

「友達が多そう」はどうでしょう。

 

褒めてますか?

けなしてますか?

 

 

褒めると「社交性がある」、

けなすと「八方美人」

というところでしょうか。

 

私は「友達が多そう」とよく言われます。

「社交性がある」と思われていると良いのですが・・・

 

小中高、大学、社会人、

それぞれのステージに、

今でも気軽に連絡が取れる友達がいます。

 

最近では、本業の他に、

資産運用や副業を本格的に始めて、

それぞれにメンターや相談できる友達がいます。

 

そんな私でも、

人生において大きな決断をする際に相談する友達は

 

3人だけ

 

彼らの共通点は、

私のことをよく知っていて、

利害関係なしに私のためを想ってアドバイスをくれることです。

 

ここで話は変わりますが、

先日投資仲間と話していて、

 

「夢泥棒(ゆめどろぼう)」には気を付けろ!

っという話題になりました。

 

脱サラして起業する、

株式投資を始める、

仮想通貨を始める、

不動産投資のためにローンを組むなど

 

経済的自由を獲得するための取組みに対して、

家族や親しい友人ほど、

 

心配して反対し「夢を奪おうとする」ということです。

 

世間の多数派の常識から外れることは、

みんな「知らない」し「よく分からない」ので、

後押ししてくれないですよね。

 

これは非常に難しい問題だと思います。

私の周りにいる経営者や投資家の中には、

 

反対する家族や友人とは縁を切り、

自分の道を進み、成功された方もいます。

 

私は今、

脱サラを目指して複数の収入の柱を作っていますが、

「会社を辞めて個人事業主として活動する」と友人や家族に相談すると、

間違いなく反対されます。

 

私に家族や友人と縁が切れるか・・・

 

無理です笑

 

なので、

淡々と実績を積み上げて、

 

本業の収入を、

安定的かつ大幅に超えることで、

反対されないようにしたいと思います。

 

まずは副業で月利100万円を、

すぐに達成したいと思います!!

 

「責任自分論」で成長し、月収アップ!

目安時間:約 5分

みなさん

「許せないこと」ってありますか?

 

ニュースを見ていると、

非道徳的なものも多いですよね。。。

 

親になってから特にですが、

小さい子どもが被害者になるニュースを見ると、

胸が締め付けられる思いがします。

 

日常生活の中で、

自分自身に対して起こることで

許せないことってありますか?

 

会社だと

「上司が理不尽」

「部下が仕事を全然してくれない」

「残業や休日出勤が多い」

などなど

 

プライベートだと

「夫が家事をしない」

「夫が飲んで帰ってくる回数が多い」

「休みの日が少なく遊びに連れて行ってくれない」

などなど

・・・これは私が妻から言われていたことですが・・・

 

私は、

事件や事故などイレギュラーなことは除いて、

許せないことってあまりないかもしれません。

(いま書きながら、思い浮かばないので)

 

自分が起こすミスのせいで、

イライラしたり凹んだりはしますが、

自分自身に対することなので、

許せないことはないですよね。

 

一方、他人が起こすミスはどうでしょう?

 

これは人によってリアクションが様々だと思います。

 

会社で自分がミスをすると、

その場で激昂する上司もいれば、

ずーっとネチネチ指摘する上司もいれば、

励ましてくれる上司もいました。

 

比較的、

ボコボコに怒られることが多かったように思います。

(ミスが多かったんでしょうね笑)

 

そのせいか、

私は、

部下のミスで感情的に怒ることはほとんどありません。

 

部下のミスに限らず、

自分の周囲で起こることは、

なるべく自分に原因や責任があると思うようにしています。

 

「責任自分論」

 

というものですね。

 

これを意識していると、

自分にとってあまり良くないことが起こっても、

感情の矛先が他人に向かなくなります。

 

会社で怒りまくっていた上司って、

「原因や責任は、自分ではなく他人にある」

ことをアピールしていただけなのかもしれません。

 

そういえば「半沢直樹」に出てくる

銀行の役員さんは、

毎回怒りまくっていますね笑

 

「責任自分論」を意識すると、

自然と

「自分がどうすべきだったか」

「次は自分がどうしようか」

と考えるようになります。

 

つまり、

 

自分の成長につながります。

 

他人のせいにして、

他人に怒りをぶつけても、

自分は何も成長しないということですね。

 

常に自分の成長を意識できると、

自然とやりたいことが増え、

自分の人生に対して主体的になります。

 

私は、

もちろん本業も頑張っていますが、

本業以外の時間も、

1秒も無駄にしたいくないほど、

やりたいことが山ほどあります。

 

次の日起きるのが楽しみなほどです。

 

今のめり込んでいるのは、

 

「副業」

 

「資産運用」

 

です。

 

複数の収入の柱ができると、

本業に縛られている感覚がなくなります。

 

すると、

自然と肩の力を抜いて本業に取り組むことができるし、

余暇時間に対する考え方も変わってきます。

 

少し話が脱線しましたが、

 

「許す」「許さない」も自分次第

 

なので、

 

自分が楽しく生きるために

 

自分の成長に繋げられたいい

 

ですね!

 

私なりの「責任自分論」でした〜

ストレスをコントロールして収入を増やし、アメリカ西海岸に住もう!

目安時間:約 5分

私は住まいも職場も東京にありますが、

災害級の暑さもピークは越えたような気が・・・

 

と思ったら今日も35度越え・・・

 

夏そのものが嫌いなわけではないのですが、

湿気が多いジメジメした東京の夏は本当嫌いです笑

出勤するだけでストレスメーターがマックスです笑

 

数年前、

アメリカ西海岸(ロス、サンディエゴなど)に

長期滞在した際、

 

気温が日本よりも高いのに、

全然汗をかかず、

快適だったのをすごく覚えています。

 

湿気って重要ですね笑

 

さて、

人間がストレスを感じる要因は、

 

2パターン

 

あると思います。

(専門家ではないので、自分が思っているだけです・・・)

 

外的要因:

 他人や会社、

 身の回りの環境など、

 自分ではコントロールしづらい要因

 

内的要因:

 気分や感じ方など、

 自分でコントロールできる要因

 

会社員として15年勤めていますが、

 

強いストレスかかり、

精神的や身体的な病にかかる人の共通点は、

 

この2つの要因が同時に発動

 

していることが多いと思います。

 

外的要因からのストレスは、

内的要因を通じて、

体にダメージを与えます。

 

例えば、

すごくポジティブな人は、

内的要因が柔らかいクッションで、

外的要因を吸収して、

体にはダメージは残りません。

 

逆に、ネガディブな人は・・・

 

私は、

何か予期せぬことや失敗があると、

結構引きずるタイプなのですが、

 

自分をコントロールするために、いくつかのルール

 

を決めています。

 

「悩むのは1日だけ」

 

「できない理由をできる理由に上書きする」

 

「ポジティブな言葉を常に使う」

 

など

 

要は、

 

内的要因は、

自分の捉え方次第で、

どうにでもなる

 

ということですね笑

 

外的要因はどうでしょう?

 

友人、会社、住まいなど

色々あると思いますが、

コントロールするのが難しいと感じる方がいるかもしません。

 

でも、

 

大抵は自分で変えることできる!

 

と私は考えています。

 

嫌な友達とは連絡しないようにする、

転職する、移住する、どれもできますよね。

 

特に転職や、

移住などはハードルが高いと思えるかもしれませんが、

 

複数の収入の柱があり、

会社に属さなくても生活できるだけの収入があれば、

いかがですか?

 

チャレンジしてみたい業界に転職するのもよし、

脱サラして個人事業主になるのもよし、

夏はアメリカ西海岸だけ住み、

それ以外は日本で過ごすもよし。

 

私は

2019年から不動産やオフショア保険・積立など資産運用を始めて、

 

2020年4月からは物販ビジネスを始めました。

 

現在では、

月収50万程度と、

本業と同じくらいの収入をえられるようになりました。

 

本当に目指せば、誰でもできますよ!

 

私はこの取組みを加速度的に進めて、

自分で主導権を持つ人生にしたいと思っています。

 

自分の人生は自分で決めましょう!

ページの先頭へ