あなたの「友達」は副業や脱サラを応援してくれますか?

目安時間:約 4分

こんにちは

 

小学校の頃

「一年生になったら」という歌のなかに、

「ともだち100人できるかな?」

という歌詞がありました。

 

当時は100人作ろうと意気込んでしたね〜

クラスには30名しかいませんでしたが笑

 

今日のテーマは「友達」です。

 

人を「友達が多そう」とか

「友達が少なそう」と、

表現することがあると思いますが、

何を意味しているでしょうか?

 

「友達が少なそう」

は思いっきり悪口ですね笑

 

言った瞬間に友達関係が崩れそうです・・・

 

「友達が多そう」はどうでしょう。

 

褒めてますか?

けなしてますか?

 

 

褒めると「社交性がある」、

けなすと「八方美人」

というところでしょうか。

 

私は「友達が多そう」とよく言われます。

「社交性がある」と思われていると良いのですが・・・

 

小中高、大学、社会人、

それぞれのステージに、

今でも気軽に連絡が取れる友達がいます。

 

最近では、本業の他に、

資産運用や副業を本格的に始めて、

それぞれにメンターや相談できる友達がいます。

 

そんな私でも、

人生において大きな決断をする際に相談する友達は

 

3人だけ

 

彼らの共通点は、

私のことをよく知っていて、

利害関係なしに私のためを想ってアドバイスをくれることです。

 

ここで話は変わりますが、

先日投資仲間と話していて、

 

「夢泥棒(ゆめどろぼう)」には気を付けろ!

っという話題になりました。

 

脱サラして起業する、

株式投資を始める、

仮想通貨を始める、

不動産投資のためにローンを組むなど

 

経済的自由を獲得するための取組みに対して、

家族や親しい友人ほど、

 

心配して反対し「夢を奪おうとする」ということです。

 

世間の多数派の常識から外れることは、

みんな「知らない」し「よく分からない」ので、

後押ししてくれないですよね。

 

これは非常に難しい問題だと思います。

私の周りにいる経営者や投資家の中には、

 

反対する家族や友人とは縁を切り、

自分の道を進み、成功された方もいます。

 

私は今、

脱サラを目指して複数の収入の柱を作っていますが、

「会社を辞めて個人事業主として活動する」と友人や家族に相談すると、

間違いなく反対されます。

 

私に家族や友人と縁が切れるか・・・

 

無理です笑

 

なので、

淡々と実績を積み上げて、

 

本業の収入を、

安定的かつ大幅に超えることで、

反対されないようにしたいと思います。

 

まずは副業で月利100万円を、

すぐに達成したいと思います!!

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

ページの先頭へ