「責任自分論」で成長し、月収アップ!

目安時間:約 5分

みなさん

「許せないこと」ってありますか?

 

ニュースを見ていると、

非道徳的なものも多いですよね。。。

 

親になってから特にですが、

小さい子どもが被害者になるニュースを見ると、

胸が締め付けられる思いがします。

 

日常生活の中で、

自分自身に対して起こることで

許せないことってありますか?

 

会社だと

「上司が理不尽」

「部下が仕事を全然してくれない」

「残業や休日出勤が多い」

などなど

 

プライベートだと

「夫が家事をしない」

「夫が飲んで帰ってくる回数が多い」

「休みの日が少なく遊びに連れて行ってくれない」

などなど

・・・これは私が妻から言われていたことですが・・・

 

私は、

事件や事故などイレギュラーなことは除いて、

許せないことってあまりないかもしれません。

(いま書きながら、思い浮かばないので)

 

自分が起こすミスのせいで、

イライラしたり凹んだりはしますが、

自分自身に対することなので、

許せないことはないですよね。

 

一方、他人が起こすミスはどうでしょう?

 

これは人によってリアクションが様々だと思います。

 

会社で自分がミスをすると、

その場で激昂する上司もいれば、

ずーっとネチネチ指摘する上司もいれば、

励ましてくれる上司もいました。

 

比較的、

ボコボコに怒られることが多かったように思います。

(ミスが多かったんでしょうね笑)

 

そのせいか、

私は、

部下のミスで感情的に怒ることはほとんどありません。

 

部下のミスに限らず、

自分の周囲で起こることは、

なるべく自分に原因や責任があると思うようにしています。

 

「責任自分論」

 

というものですね。

 

これを意識していると、

自分にとってあまり良くないことが起こっても、

感情の矛先が他人に向かなくなります。

 

会社で怒りまくっていた上司って、

「原因や責任は、自分ではなく他人にある」

ことをアピールしていただけなのかもしれません。

 

そういえば「半沢直樹」に出てくる

銀行の役員さんは、

毎回怒りまくっていますね笑

 

「責任自分論」を意識すると、

自然と

「自分がどうすべきだったか」

「次は自分がどうしようか」

と考えるようになります。

 

つまり、

 

自分の成長につながります。

 

他人のせいにして、

他人に怒りをぶつけても、

自分は何も成長しないということですね。

 

常に自分の成長を意識できると、

自然とやりたいことが増え、

自分の人生に対して主体的になります。

 

私は、

もちろん本業も頑張っていますが、

本業以外の時間も、

1秒も無駄にしたいくないほど、

やりたいことが山ほどあります。

 

次の日起きるのが楽しみなほどです。

 

今のめり込んでいるのは、

 

「副業」

 

「資産運用」

 

です。

 

複数の収入の柱ができると、

本業に縛られている感覚がなくなります。

 

すると、

自然と肩の力を抜いて本業に取り組むことができるし、

余暇時間に対する考え方も変わってきます。

 

少し話が脱線しましたが、

 

「許す」「許さない」も自分次第

 

なので、

 

自分が楽しく生きるために

 

自分の成長に繋げられたいい

 

ですね!

 

私なりの「責任自分論」でした〜

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

ページの先頭へ