「家族」がビジネスを後押しする!?

目安時間:約 5分

みなさん

 

当たり前ですが、家族は大切ですよね!

私にっても、全てのモチベーション源泉です(^ ^)

 

先日、副業仲間と

「お金の増やし方」について意見交換をしている際、

こんな意見がありました。

 

「妻がオフショア保険に理解がなく、反対されている」

 

「旦那がローンを組むことに反対し、不動産投資ができない」

 

「両親が本業の支障が出るからと、副業に猛反対」

 

などなど

 

家族の生活を少しでも豊かにするために取り組もうとしているのに、

なかなか上手くいかないことも多いようです。。。

 

私の家族は、というと、

妻が以前、社長秘書をしていたということもあり、

 

いわゆる富裕層のお金の増やし方、

守り方を何となく理解しており、

 

海外の金融商品や、

国内外不動産投資などにあまり抵抗がなく、

反対されることがないので本当に助かっています笑

 

ただ、

脱サラについては、さすがに慎重ですね。

 

私は今にでも脱サラする気満々ですが、

家族を不安にさせてたくないので、

 

いま走らせている複数の副業収入が、

本業を大きく超えてから脱サラする予定です。

 

そもそも私が、

 

サラリーマンを卒業して、

個人事業主として活動しようと決めた(まだ実践できていませんが)

理由の一つに「子ども」の存在があります。

 

子どもが社会人になる前に、

自分一人で生活していくのに

 

最低限必要なマインドセット(考え方)や

マネーリテラシー(お金に関する知識)を、

身につけてもらいたいと強く思っています。

 

そのために、子どもには、

サラリーマンとしてだけではなく、

 

個人事業主としてのオヤジの背中を

ぜひ見て欲しいと思っています。

 

過去に人事関係の仕事をした際、

 

「父親から勧められたから御社を志望します。」

 

「両親が公務員だから私も公務員を志望しています。」

 

「親に言われたから留学してみました。」

 

などなど、学生の意見を多く聞くことができました。

 

子どもの進路にとって

親の影響は大きいと同時に、

 

自分自身で深く考えず、

盲目的に進路を決めてしまう悪影響があることもよく分かりました。

 

親は、子どもの決断を後押しすることも大切ですが、

その前に、無限の可能性を狭めることは決してしてはいけないと、

強く思いました。

 

例えば、いま子どもが「ユーチューバーになりたい!」

と言ったら、「ちょっと待って!」と私は言ってしまいそうです。

 

でも、私の子どもが社会人になる約20年後どころか、

今の情報発信ビジネスすら無知な私が、

子どもの「ユーチューバーになりたい!」を否定できるわけないですよね。

 

実際、個人事業主としてビジネス展開する際、

情報発信は必須だと考えて現在絶賛勉強中です!

 

子どもに対しては「ちょっと待って!」ではなく

「面白そうだね!どんな人が活躍しているか一緒に探してみよう!」

と言いたいと思います。

 

私にとって「家族」とは、

守るべき存在として全てのモチベーションを源泉

であるとともに、

自分を常に成長させてくれる存在です。

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. はじめまして。
    ブログ、興味深く拝読しました。
    私はまだ現役の公務員ですが、記事にあった「3つの自由」を手に入れたいと思っています。

    私も今日からブログを書き始めたところです。
    どうぞよろしくお願いします!

    • takasakim0518 より:

      コメントいただきありがとうございます。

      現役の公務員の方なのですね!楽天生活は私もエンジョイしています(^ ^)

      公務員でも副業規定に抵触せずに、
      収入を増やせる手法をお伝えしていきますので、たま〜に覗いていただけると嬉しいです!

      お互い頑張りましょう!!

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

ページの先頭へ