「責任自分論」で成長し、月収アップ!

目安時間:約 5分

みなさん

「許せないこと」ってありますか?

 

ニュースを見ていると、

非道徳的なものも多いですよね。。。

 

親になってから特にですが、

小さい子どもが被害者になるニュースを見ると、

胸が締め付けられる思いがします。

 

日常生活の中で、

自分自身に対して起こることで

許せないことってありますか?

 

会社だと

「上司が理不尽」

「部下が仕事を全然してくれない」

「残業や休日出勤が多い」

などなど

 

プライベートだと

「夫が家事をしない」

「夫が飲んで帰ってくる回数が多い」

「休みの日が少なく遊びに連れて行ってくれない」

などなど

・・・これは私が妻から言われていたことですが・・・

 

私は、

事件や事故などイレギュラーなことは除いて、

許せないことってあまりないかもしれません。

(いま書きながら、思い浮かばないので)

 

自分が起こすミスのせいで、

イライラしたり凹んだりはしますが、

自分自身に対することなので、

許せないことはないですよね。

 

一方、他人が起こすミスはどうでしょう?

 

これは人によってリアクションが様々だと思います。

 

会社で自分がミスをすると、

その場で激昂する上司もいれば、

ずーっとネチネチ指摘する上司もいれば、

励ましてくれる上司もいました。

 

比較的、

ボコボコに怒られることが多かったように思います。

(ミスが多かったんでしょうね笑)

 

そのせいか、

私は、

部下のミスで感情的に怒ることはほとんどありません。

 

部下のミスに限らず、

自分の周囲で起こることは、

なるべく自分に原因や責任があると思うようにしています。

 

「責任自分論」

 

というものですね。

 

これを意識していると、

自分にとってあまり良くないことが起こっても、

感情の矛先が他人に向かなくなります。

 

会社で怒りまくっていた上司って、

「原因や責任は、自分ではなく他人にある」

ことをアピールしていただけなのかもしれません。

 

そういえば「半沢直樹」に出てくる

銀行の役員さんは、

毎回怒りまくっていますね笑

 

「責任自分論」を意識すると、

自然と

「自分がどうすべきだったか」

「次は自分がどうしようか」

と考えるようになります。

 

つまり、

 

自分の成長につながります。

 

他人のせいにして、

他人に怒りをぶつけても、

自分は何も成長しないということですね。

 

常に自分の成長を意識できると、

自然とやりたいことが増え、

自分の人生に対して主体的になります。

 

私は、

もちろん本業も頑張っていますが、

本業以外の時間も、

1秒も無駄にしたいくないほど、

やりたいことが山ほどあります。

 

次の日起きるのが楽しみなほどです。

 

今のめり込んでいるのは、

 

「副業」

 

「資産運用」

 

です。

 

複数の収入の柱ができると、

本業に縛られている感覚がなくなります。

 

すると、

自然と肩の力を抜いて本業に取り組むことができるし、

余暇時間に対する考え方も変わってきます。

 

少し話が脱線しましたが、

 

「許す」「許さない」も自分次第

 

なので、

 

自分が楽しく生きるために

 

自分の成長に繋げられたいい

 

ですね!

 

私なりの「責任自分論」でした〜

ストレスをコントロールして収入を増やし、アメリカ西海岸に住もう!

目安時間:約 5分

私は住まいも職場も東京にありますが、

災害級の暑さもピークは越えたような気が・・・

 

と思ったら今日も35度越え・・・

 

夏そのものが嫌いなわけではないのですが、

湿気が多いジメジメした東京の夏は本当嫌いです笑

出勤するだけでストレスメーターがマックスです笑

 

数年前、

アメリカ西海岸(ロス、サンディエゴなど)に

長期滞在した際、

 

気温が日本よりも高いのに、

全然汗をかかず、

快適だったのをすごく覚えています。

 

湿気って重要ですね笑

 

さて、

人間がストレスを感じる要因は、

 

2パターン

 

あると思います。

(専門家ではないので、自分が思っているだけです・・・)

 

外的要因:

 他人や会社、

 身の回りの環境など、

 自分ではコントロールしづらい要因

 

内的要因:

 気分や感じ方など、

 自分でコントロールできる要因

 

会社員として15年勤めていますが、

 

強いストレスかかり、

精神的や身体的な病にかかる人の共通点は、

 

この2つの要因が同時に発動

 

していることが多いと思います。

 

外的要因からのストレスは、

内的要因を通じて、

体にダメージを与えます。

 

例えば、

すごくポジティブな人は、

内的要因が柔らかいクッションで、

外的要因を吸収して、

体にはダメージは残りません。

 

逆に、ネガディブな人は・・・

 

私は、

何か予期せぬことや失敗があると、

結構引きずるタイプなのですが、

 

自分をコントロールするために、いくつかのルール

 

を決めています。

 

「悩むのは1日だけ」

 

「できない理由をできる理由に上書きする」

 

「ポジティブな言葉を常に使う」

 

など

 

要は、

 

内的要因は、

自分の捉え方次第で、

どうにでもなる

 

ということですね笑

 

外的要因はどうでしょう?

 

友人、会社、住まいなど

色々あると思いますが、

コントロールするのが難しいと感じる方がいるかもしません。

 

でも、

 

大抵は自分で変えることできる!

 

と私は考えています。

 

嫌な友達とは連絡しないようにする、

転職する、移住する、どれもできますよね。

 

特に転職や、

移住などはハードルが高いと思えるかもしれませんが、

 

複数の収入の柱があり、

会社に属さなくても生活できるだけの収入があれば、

いかがですか?

 

チャレンジしてみたい業界に転職するのもよし、

脱サラして個人事業主になるのもよし、

夏はアメリカ西海岸だけ住み、

それ以外は日本で過ごすもよし。

 

私は

2019年から不動産やオフショア保険・積立など資産運用を始めて、

 

2020年4月からは物販ビジネスを始めました。

 

現在では、

月収50万程度と、

本業と同じくらいの収入をえられるようになりました。

 

本当に目指せば、誰でもできますよ!

 

私はこの取組みを加速度的に進めて、

自分で主導権を持つ人生にしたいと思っています。

 

自分の人生は自分で決めましょう!

自分の人生に主導権を持って、いつでも海外に行ける贅沢ライフを目指そう!

目安時間:約 4分

こんにちは!

 

先日、投資仲間と話していて、

 

「コロナが収束したら、まずどこに行きたい?」

という話題になりました。

 

みなさんはどこに行きたいですか?

 

私は「ジョージア」です。

 

缶コーヒーのメーカーではないですよ笑

 

ロシアやトルコに隣接している小国です。

 

私は行ったことはないですが、

行ったことがある人に聞くと、

 

自然が多い、

物価の低さ、

税率の低さ、

食事が日本人に合う、

ビザなしで1年間滞在可能などなど

 

魅力満載です。

 

将来、

日本以外に拠点を持ちたいと考えているので、

その候補に1つにしたいと思っています。

 

話はそれましたが、

本日はテーマは「贅沢」な生活とは?です。

 

「贅沢」というと、

高級品や高級レストランなど、

お金のかかることが連想されるかもしれませんね。

 

物欲が全くない私の「贅沢」は、

 

「自分で何でも決められること」です!

 

先ほどの「ジョージア」もそうですが、

行きたい時に行きたい場所に行き、

仕事をしたい時に仕事をし、

休みたい時に休むなどなど

 

「自分の人生に対して主導権を持つ」

 

ことが自分にとって贅沢なことだと思っています。

 

例えば、

テレビで海外のグルメ特集をやっていたとします。

自分の気に入ったお店があれば、

次の日には家族とその店に行きたいです!

 

サラリーマンだと無理ですね笑

 

私は今、

サラリーマンとしての収入以外に、

複数の収入を柱を作るべく日々活動しています。

 

全ては

 

「自分で何でも決められる」

 

「自分の人生に対して主導権を持つ」

 

ためです。

 

既に終身雇用や定年制が見直されていますが、

私の娘(2歳)が社会人になることには、

今とは全く違う世界になっているはずです。

 

どのような世界になっても、

自分で力強く生きていける人間になってもらうために、

親父として、力強い背中を見せていきたいと思っています。

 

ではこれから「ジョージア」に行ってきます!

 

と今は言えませんが笑

 

近い将来、実践したいと思います!!

 

複数の収入の柱を確保し、好きなタイミングで好きなことをしよう!

目安時間:約 5分

みなさん!

 

突然ですが、

「一番幸せに思う」

のはどんな時ですか?

 

私の場合、

「娘と一緒に過ごし、娘の成長を感じる瞬間」

です。

 

お子さんがいらっしゃる方なら、

ご同意いただけるのではないでしょうか。

 

今日は、

少し違う切り口で「私が一番幸せに思う」ことについて、

お伝えしたいと思います

 

普通のサラリーマンであれば、

1日24時間あるうちの少なくとも8時間を、

自分が属する組織のために過ごすことになります。

 

私は都市銀行や公務員を経て、

現在、

都内の企業で管理職をしていますが、

 

組織の中で、

様々な上司や部下に出会い、

様々なタスクにチャレンジし、

(社費で留学までさせてもらい)

自分を成長する機会をいただきました。

 

今ままでの組織には本当に感謝しています!

 

一方、

組織の闇もたくさん見てきました。

 

ミスをして地方に飛ばされる人、

 

忙し過ぎて子どもが全然なつかない人、

 

自分の昇進や地位のことしか考えない人、

 

過労で鬱になる人、

 

SNSで会社情報を流して解雇される人・・・

 

自分が属している組織に愛着があり、

与えられる仕事に満足し、定年まで働きたい!

っと思っている人は、

ぜひまっすぐ突き進んでください!

組織から得られることも多いでしょう。

 

しかし、

もし、あなたが、

今のサラリーマン生活に少しでも不満を感じているなら、

 

「自分が一体何に不満を感じているか

 

について、一度よく考えてみて下さい。

 

私の場合、

組織に対して、

あまり大きな不満はありませんでした。

(今でもありません。)

 

ただ、

サラリーマンとして15年程度過ごしてくると、

(残業や休日出勤など)自分よりも組織のことを

優先することが苦ではなくなっていきました。

 

そんな中、

投資や資産運用、副業に取り組むことを通じて、

サラリーマン一本の時には、

見えてこなかった、

または忘れていた「価値観」に気づくことができました。

 

それは、

「自分の人生に主導権を持つ楽しさ」です。

 

組織の枠を超えてチャレンジした結果、いろいろな人に出会いました。

 

例えば・・・

 

・本業の空き時間で月収10万円の副業収入を得て、

2ヶ月に1度、家族との旅行を楽しんでいる人

 

・月収100万円の副業収入を再投資して、

さらに副業収入を伸ばそうとしている人

 

・脱サラし個人事業主として月収300万円を稼ぎ、

週休3日を趣味に没頭している人

 

この方々の共通点は

「複数の収入の柱を確保」し、

「好きなこと」

「好きなタイミング」でやっていることです。

 

時間の制約が多いサラリーマンだけでは、

なかなかこれはできないと思います。

 

「自分の人生に主導権を持つ」

 

つまり、

働くことも、

遊ぶことも、

休むことも

全て自分が主体的に決めことができたら!

 

想像するだけで、ワクワクしてきませんか?

 

「確かにそんなことできたら素晴らしいけど・・・」

ではなく、

私は、それを本気で目指したいと思います。

 

サラリーマンを否定する気は全くありません。

 

ただ、一度きりの人生

自分の人生に「主導権」を持ち、

楽しく過ごしませんか?(^ ^)

 

ページの先頭へ